comment search book clipboard checkmark calendar addressbook pencil mail-envelope-closed chevron-right chevron-down chevron-with-circle-down callcenter phone

個人向けサービス

安田保険センターは保険一筋35年。
「保険のプロ組織」です。

私達はお客さまの代理人だという自負があります。
たくさんの保険商品、溢れかえる情報の中から、あなたの状況やご要望にあわせて、
最新で最適なものを選んでさしあげることが命題だと考え、日々業務をおこなっております。

個人向け損害保険サービスのご案内

※上記でご紹介した保険商品以外にも多数取り扱っております。

このページは概要を説明したものです。詳しい説明につきましては「ご契約のしおり」「重要事項等説明書」などをご覧ください。なお、ご不明な点は、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。

個人向け生命保険サービスのご案内

  • 医療保険

    病気やケガで入院・手術を受けると給付金が支払われる保険です。最近は任意で付加できる保障のバリエーションも増え、先進医療や特殊ながん治療、通院治療などにも幅広く対応できます。治療に掛かる費用の補填を目的に加入するのが一般的です。商品によっては一時的な生活費の補填や、予期せぬ病気やケガによる貯蓄の取り崩しを防ぐ効果もあります。

  • がん保険

    文字通りがんの闘病対策に特化した保険です。がんでの入院・手術はもちろん、一時金、放射線治療、さらには治療中の収入補填など、がんに関わる様々な保障を受けられるのが特徴です。近年は各保険会社が独自の工夫で特徴ある保険を作っており、商品内容が契約者の考えに合うかどうかも含めて比較検討が必要となっています。がん以外の治療では原則として給付金が支払われない点に注意が必要です。

  • こども保険

    お子さまの教育資金をコツコツと準備するための貯蓄型の保険です。「学資保険」とも呼ばれています。契約者(親)に万が一の事があったときには教育資金が確保され、そうでない場合は将来所定の満期金を受け取れる仕組みになっています。一般的には返戻率が高い商品が好まれます。どの時点でいくらの教育費が必要かを逆算して、計画的に加入することが大切です。

  • 死亡保険

    死亡・高度障害時に支払われる保険で、主に遺族の生活費やお子さまの教育費の保障を目的に加入します。保障を一定期間確保する「定期タイプ」と、一生涯確保する「終身タイプ」に分類でき貯蓄性の有無も様々です。ライフプランに応じ、慎重かつ合理的に選びたい保険です。近年では死亡だけでなく、介護状態や働けない状態に幅広く対応できる特約もあります。

  • 介護保険

    介護状態になったときに給付金が支払われる保険です。介護は一般的な病気やケガよりも長期化する可能性が高く、介護者である家族の負担が大きくなりやすいです。バリアフリーへの改装費捻出や介護者の負担軽減を目的に、一時金や年金、またはその併用で給付金を受け取れるのが特徴です。支払い対象となる介護の定義が保険会社によって異なる点に注意が必要です。

TO TOP