comment search book clipboard checkmark calendar addressbook pencil mail-envelope-closed chevron-right chevron-down chevron-with-circle-down callcenter phone

損害保険について

損害保険とは

損害保険は、事故によって生じた損害をカバーするための保険です。
一定額の保険金が支払われる生命保険とは違い、損害額に応じて保険金の支払いをする「実損払方式」「現状復旧」等により損失をカバーします。

基本の考え方

自然災害、ケガ、盗難、または損害賠償責任など、あなたの抱えるリスクに応じて必要な損害保険も変わってきます。ニーズに合わせ、様々なリスクに対応できるようプランニングする必要があります。
損害保険の種類は実に幅広く、環境の変化が著しい昨今においてはリスクの変化も多いため、日々新しい商品も生まれています。
改定も多く、常に最新の情報と事故での対応力が問われる保険となっています。
個人向けと自治会、管理組合、各種団体向け、法人向けに分けて、当社が扱っている代表的な損害保険をシンプルにお知らせします。

損害保険の歴史

損害保険の始まりは海の上

保険は海から陸に上がり、イギリスやドイツで陸上の生活における火災や盗難などの危険に対し、みんなで力を合わせて助け合う制度が生まれました。そして、1666年9月のロンドン大火を契機に海上保険をヒントに考案された火災保険が登場します。これは、過去の火災発生率と現在の建物数から保険料を設定したりするなど近代的な火災保険の原型となるものでした。
さらに産業革命の波とともに火災保険の需要が急速に増え、各地に多くの火災保険会社が設立されました。その後、市民生活の発展とともに個人生活から企業活動にかかわる分野まで保険がつけられるようになり、保険は身近なものとなりました。

ロンドン大火を契機に火災保険の登場

BSジャパンの「マゼランの遺伝子-未来を開く挑戦者たち-」にてSOMPOホールディングスグループの取組みが紹介されました。最新テクノロジーを駆使した損保ジャパン日本興亜の安全運転を支援する取組み、「健康応援企業」へと舵を切るひまわり生命の挑戦的な試みなどが紹介されています。ぜひ、ご覧ください。

日本の損害保険も海の上から

日本の損害保険の歴史も海上運送から始まりました。16世紀から17世紀の初めに活躍した朱印船には、海難事故などの危険が高かったため「抛金(なげかね)」という制度が考え出されました。1航海につき金融業者が証文に基づいて金を貸し、無事に航海が終われば3~11割の利子をつけて元金を返済しますが、船が難破した場合は利子も元金も払わなくていいというものでした。

幕末にできた?近代的な保険制度

近代的な保険制度は、幕末から明治維新にかけて外国から入ってきました。当初は、日本に居留する外国商社を対象にするものでしたが、文明開化の進展とともに日本資本の商社や日本人を対象にする保険会社も登場しました。
日本人自身による最初の損害保険業は、1869年に神奈川県の税関が保税倉庫内貨物について火災損傷の請負を行ったのがはじまりです。さらに1879年には日本初の海上保険会社が、1887年には日本初の火災保険会社が誕生しました。

時代とともに変化が求められる損害保険

資本主義の広がりとともに、日本の損害保険も発展し、1898年に保険業取締規則、1900年に保険業法と保険業法施行規則が公布され、保険事業の免許・監督制度が確立されました。第二次大戦後は、めざましい経済復興とともに損害保険事業も大きく成長しました。新しい時代のニーズに応える保険が多く登場し、現在、損害保険は社会基盤を支える重要な柱の一つになっています。

個人向け損害保険サービスのご案内

各種団体(自治会、管理組合等)のお客さま

  • 自治会活動保険

    YHCシンプルスタディ

    • Check 1

      自治会で入る保険です(町内会、団地自治会など地域の団体)

    • Check 2

      自治会活動における事故に備えます(けっこう多いです)

    • Check 3

      日本国内に限ります(海外はだめ)

  • 一般団体
    傷害保険

    YHCシンプルスタディ

    • Check 1

      一般団体で加入する傷害保険です(学校、官庁、商店会等の団体)

    • Check 2

      団体割引適用になるメリットがあります(20名以上)

    • Check 3

      労災対策にもなります(福利厚生の上乗せにも)

  • レクリエーション
    保険

    YHCシンプルスタディ

    • Check 1

      イベントを企画した際入る保険です(花火大会、ダンス大会、フットサル等)

    • Check 2

      イベント参加者全員を保証します(50名以上から割引率が適用されます)

    • Check 3

      集合から解散まで(帰るまでが遠足です)

  • マンション総合

    YHCシンプルスタディ

    • Check 1

      マンション管理組合が入る火災保険です(積立、掛捨て選べます)

    • Check 2

      マンションの共有部分を一括して補償します(予算、修繕計画にあわせます)

    • Check 3

      オーダーメイド方式(必要なものを必要なだけ)

法人向け損害保険サービスのご案内

企業を取り巻くリスクは、日ごとに多様化・巨大化しています。それらから企業を守る「補償」と、経営者・役員・従業員を守る「保障」。安田保険センターは豊富な経験と最新の情報で、企業の皆様に「補償」と「保障」のベストアドバイスをいたします。

事業活動全般における保険

  • 事業活動総合保険
    ビジネスマスタープラス

    さまざまなリスクを1契約で包括保障
    今まではリスクごとに保険をかける必要があったのですが、この保険は1契約で、尚且つ売上高での保険料算出なので、例えば店舗が増えても告知の必要がありません。
    また業種によっては保険料も割安になります。(美容業、飲食業、建設業、食料品、飲料品販売業、料理品製造小売業、木族建設、ビル建設、大工工事業)該当する職種の方はぜひお問い合わせ下さい。大変シンプルな保険で当社でも人気が高い保険になっております。

  • 業務災害補償

    従業員はもちろん、会社経営をもおびやかす労災リスク。 従業員と経営者を守る保険になります。 特に昨今多い、心の病なので従業員またはその家族から訴えられるリスクは賠償金額が億単位にのぼることもあります。保険料は合理的な売上高方式で、全額損金算入可能です。

  • サイバー保険

    マイナンバー制度の開始や個人情報保護法改正をうけ2015年10月1日から販売された保険です。 サイバーセキュリティ事故に起因して発生した各種損害を包括的に補償します。 また、マイナンバーの漏えいまたはそのおそれも補償対象とするほか、海外で提起 された訴訟も保険の対象となります

  • 取引信用

    取引信用保険とは、被保険者の各種商品の取引先が販売代金(取引先から見た買上代金)等の支払債務を履行 しないことにより、被保険者が被る損害に対して保険金を支払うものです。 つまり、被保険者の取引先の倒産などによる回収不能債権を補償します。 取引先に対する債権の焦げ付きや貸倒れの発生は、決算上の特別損失となることがあり、それ以外にも経営に 様々な影響を及ぼします。

  • ビジネスオーナーズ

    店舗総合保険(火災保険)に休業損失がついている保険です。 当社であった直近の例では、隣の店舗からの火災による煙の被害で営業できず休業損失をお支払い致しました。休業損失が経営をゆるがす大損害となるケースも決して少なくありません。

従業員・経営者の保険

  • 労働災害総合保険

    従業員の労働災害について政府労災保険等の上乗せ補償を行う企業向けの商品です。政府労災保険等に加入している全ての企業がご加入可能で保険料は全額損金算入することができます。無記名方式でのご契約となり手続きが簡単です。名簿等の提出は不要になります。

  • 会社役員賠償責任保険(D&O)

    被保険者である役員が、会社の役員としての業務につき行った行為に起因して保険期間中に損害賠償請求がなされたことにより、被保険者が被る損害を補償する保険です。

  • 団体長期障害所得補償保険(GLTD)

    企業さまの役職員の方が病気やケガで長期の休職を余儀なくされ、その結果、減少してしまった所得を長期間にわたって補償する保険です。
    役職員の方にとって経済的な心配をしないで、治療・休養に専念でき、企業さまにとって社内外に「安心して働ける企業」というメッセージを発信できます。

  • 経点越えII

    経点越えⅡは、売上高にもとづいて被保険者数を算出することにより、下請業者も含めた全従業員*を対象とする建設業者向けの団体傷害保険です。役員、従業員、下請業者、派遣労働者の方々の業務災害や通勤災害に対する補償制度として、福利厚生制度の充実にご活用いただけます。政府労災保険の上乗せ補償としてご活用でき、政府労災保険の支払認定を待たず、スピーディーに保険金をお支払いすることができます。

  • BEST WORK

    賃金総額にもとづいて被保険者数を算出することにより、パート・アルバイトも含めた全従業員*を対象とする団体傷害保険です。役員、従業員、パート・アルバイト、構内下請負人、派遣労働者の方々の業務上災害や通勤災害に対する補償制度として、福利厚生制度の充実にご活用いただけます。政府労災保険の上乗せ補償としてご活用でき、政府労災保険の支払認定を待たず、スピーディーに保険金をお支払いすることができます。

  • 弁護のちから

    近年増加している法的トラブル解決を支援する保険です。「被害事故」、「借地・借家」、「遺産分割調停」、「離婚調停」、「人格権侵害」、 「労働」に関するトラブルが対象です。
    弁護士が身近にいなくても弁護士も紹介いたしますので安心です。

自動車の保険

企業財産の保険

  • 企業総合補償保険(オールリスク型保険)

    多様化・複雑化する企業を取り巻くリスクに柔軟に対応する商品が企業総合補償保険です。補償内容を充実し、お客さまに最適な損害保険を設計します。支払限度額、自己負担額の設定やご契約の統合により保険料コストの最適化を図ります。

  • 建設工事保険

    建物の建築工事中に、工事現場において、不測かつ突発的な事故によって工事対象物(工事の目的物など)について生じた損害を補償する保険です。

  • 土木工事保険

    トンネル工事・道路工事・上下水道工事・土地造成工事・ダム工事などの土木工事の工事中に、工事現場において、不測かつ突発的な事故によって工事対象物(工事の目的物など)について生じた損害を補償する保険です。

  • 組立保険

    建物の内装・外装工事、ビル付帯設備工事(電気・空調・給排水、ガス、衛生設備など)、機械設備の設置(プレス機械の設置、印刷機械の改修工事、変圧器の設置など)などの工事中に、工事現場において、不測かつ突発的な事故によって工事対象物(工事の目的物など)について生じた損害を補償する保険です。

  • 物流総合保険

    お客さまが所有する原材料・部品・製品・半製品などの輸送中・保管中・加工中などをオール・リスクで補償する保険です。輸送中・保管中・加工中などのリスクを1年間包括的に補償するため、付保漏れの心配がなく、契約管理の手間もかかりません。

  • コーポレートマネーガード保険

    お客さまの業務にかかわる現金・小切手・手形などの貨紙幣類・有価証券を対象とし、日本国内における輸送中や事務所などでの保管中の損害を、簡単な手続きで幅広く補償する保険です。輸送額・保管額・保管場所を通知する必要がないため、手続きが簡単です。

  • 外航貨物海上保険

    外航貨物海上保険とは、国際貿易取引に伴い日本と外国間または外国相互間(それに付随する国内輸送を含みます。)を船舶・航空機等で輸送される保険の対象となる貨物(以下、「貨物」といいます。)が、海上・航空輸送中に遭遇する火災、爆発、船舶またははしけの座礁・乗揚・沈没または転覆、盗難、破損等の偶然な事故によって生じた損害を補償する保険です。売買される貨物だけではなく、商品見本、展示品など様々な貨物が保険の対象となっており、特殊な貨物を除いて国際間を輸送される貨物のほとんどに外航貨物海上保険が付けられています。

賠償責任の保険

  • 商賠繁盛(工事業、運送業、製造業、販売業、飲食、サービス、IT)

    お客さまの事業活動に伴って賠償事故が発生した場合に、被害者への賠償金や訴訟費用などをお支払いする保険です。工事業の皆さまにニーズの高い補償をパッケージ化しています。

  • 企業総合賠償責任保険(CGL)

    企業総合賠償(CGL=Commercial General Liability)は、オーダーメイドの保険設計により、企業の皆さまの事業活動に関わる第三者賠償リスクを包括的にカバーする保険プログラムです。

  • L-Pack(物流業者包括賠償責任保険)

    貨物の輸送中・保管中に発生した損害につき運送業者の法律上・契約上の賠償責任を補償します。貨物の輸送中、倉庫などでの保管・作業(梱包・札付等)中を通じ、切れ目なく補償します。輸送用具の特定、車両入替通知が不要、輸送額の通知も不要です。

  • 運送業者貨物賠償保険(車両特定方式)

    この保険は、事業許可を有して運送事業を営む皆様が受託した貨物の輸送中に生じた損害によって、荷主に対して負担する法律上・契約上の賠償責任を補償します。 トラック1台ごとに保険料を計算し、1年間包括的に補償しますので、保険手配が漏れる心配がなく、契約手続きが簡単です。

  • 個人情報取扱事業者保険

    個人情報が漏えいしたこと、またはそのおそれが生じたことによって、企業の皆さまには個人情報を漏えいしてしまった方への損害賠償金の支払いや、企業ブランド価値の低下を防ぐための謝罪会見や広告掲載などの費用負担など、様々な損害が発生します。個人情報取扱事業者保険はこれらのリスクをカバーする商品です。

事業休止の保険

火災等の事故により店舗や工場が損害を受けた場合の利益損失*は火災保険では支払われません。以下の事由によって営業が休止を余儀無くされた場合、または阻害されたことによる利益損失を補償します。(一部の危険を補償対象から外すことも可能です。)

  • 特定地震危険補償利益保険
    特定地震危険補償利益保

    大地震発生の場合、建物等の財物に関する損害もさることながら企業の収益に関する損害が重要な問題となります。 そのような企業の皆様のニーズに応えることを可能とした保険になります。

海外出張の保険

  • Off!企業パッケージ

    インターネットで管理サイトにアクセスし、渡航者データを入力していただくだけで、渡航者カードがすぐに発行(プリントアウト)できます。 また、所定の項目を入力したCSVファイルをアップロードすることにより渡航者情報を一括して通知することができます(最大100件)

動画コーナー

貨物事故防止をお手伝い ~フォークリフト事故防止動画~

フォークリフトに関する事故のご連絡を数多くいただいています。 その中でも特に多い4つの事例に対する事故を再現した「金子職員のフォークリフト奮闘記」と題した動画を作成しました。基本的なフォークリフト操作の注意喚起をする際などに、ぜひ是非ご利用ください!

「マゼランの遺伝子-未来を開く挑戦者たち-」

BSジャパンの「マゼランの遺伝子-未来を開く挑戦者たち-」にてSOMPOホールディングスグループの取組みが紹介されました。最新テクノロジーを駆使した損保ジャパン日本興亜の安全運転を支援する取組み、「健康応援企業」へと舵を切るひまわり生命の挑戦的な試みなどが紹介されています。ぜひ、ご覧ください。

※上記でご紹介した保険商品以外にも多数取り扱っております

TO TOP